2021年度が4月3日から始まりました。

各組の学習の様子(9月7日)

梓組 「カンジーはかせの漢字しりとり」では,漢字は違うが読み方が同じ漢字をつないでいく熟語のしりとり問題に挑戦しました。苦戦しながらも楽しく取り組み,同音異字の漢字や同音異義の熟語があることに気づくことができました。
楡組 「和語・漢語・外来語」では,それぞれの由来の違いや使い分けを確かめながら,読んだり書いたりしました。和語の多い文と漢語 の多い文では,受ける印象が違うことから,話したり書いたりするときの言葉の選び方や表現の仕方に工夫が必要なことも学習しました。
榛組 「星の花が降るころに」では,親友との関係に悩んでいる主人公の「私」が,どのようにして前向きに生きようと心が変化していくかを読み取りながら読み進めています。
Copied title and URL