2021年度が4月3日から始まりました。

各組の学習の様子(5月11日)

梓組 「大きな力を出す」では,段落相互のつながりや,事実・説明・筆者の考えの関係を捉えながら,脚注の設問を活用して読み進めました。その学習をもとに「動いて,考えて,また動く」でも説明文の構成の理解を深めるとともに,題名の機能と段落ごとのつながりと働きについて考えていきます。

楡組 「見立てる」・「生き物は円柱形」では,大事な言葉や文に注意しながら,段落ごとに要旨をまとめ,文章構成を確かめる学習をします。段落と段落の関係から,論の進め方を読み取り,筆者の考えや文章の書き方について感想をもち,自分の考えを広げ深めていきます。

榛組 「ダイコンは大きな根?」の単元では,10の段落の役割に注目しながら読み進めました。その後,それぞれのまとまりで述べられていることを要約しました。また,「できる!」では,「食べ物」について,和食と洋食・日本の箸の使い方などの作法について話し合いました。

Copied title and URL